「6月16日講座内容」

6/16の講座は私一人の参加でした。

このところはサッカー実況を通しての実習が多かったですが、今日はみっちり野球実況を行いました。

TV中継の画面を見ながらではありますが、先を見据えてラジオでの実況中継を想定して行います。

この日を通じて学んだことは、そのラジオ中継を見据えているからこその課題でした。
それは情報の入れ方、そして情報に対する考え方です。

まずは情報の入れ方。

ラジオの野球中継は当然耳からの情報のみでお伝えします。それに中継の最初から最後までずっと聴いている方もいれば、途中から聴く方も沢山いるでしょう。

なので、この試合はどこのチームの対戦なのか、高校野球でしたらその前に大会何日目○回戦の第△試合なのかという情報も必要でしょう。

そして試合の進行状況・得点経過(○回表△死□塁でバッターは誰か、投手は誰か。さらにここまでどのように試合が進んだのか)も入れるべきです。

もちろん試合は常に進んでいますから、ボールインプレーか否か(投球間など)を見計らって記述した情報を、その時間・状況に合わせて選択・提供します。

そして耳からの情報のみであるラジオにあっては、この情報は逐一入れることが望ましいとされます。

この情報と場面を鑑みての取捨選択がなかなか上手くいかない。あるいは情報を入れることに固執してしまうと羅列するだけになってしまい、本当に必要な時の情報ではないこともあります。

この情報を適切に入れるべく、印象に残ったのが情報に対する考え方です。
先生が仰ったのが「色々な情報を入れていく間にプレーの描写がある」という風に考える、ということでした。

私の場合はまずプレーを追わねばと動きに注目しすぎて、不自然な間が開いてしまったり、情報が少ないものになってしまいがちです。

選手の動きばかりに注目していては、それ以外の描写(ベンチだって応援だって"動いています"、それぞれの思惑という心の動きもあります)が極端におろそかになります。

そんな描写不足は結果的に聴取者に対しての説明(情報)不足になってしまいます。

既述した情報の入れ方では、特に必要な基本情報を特に念入りに入れることを学び、それをただ羅列したり、どこで入れようかと悩むのではなく、
情報を常に提供し、その合間にプレー描写をする⇒聴取者の興味を煽る情報提供が重要だ、ということです。

野球であれば、まさに投球間や一度タイムがかかって試合が中断した時などは情報を入れるチャンス、投げた打ったは当然プレー描写が優先!
と解りやすく分かれていますね。これをとにかく意識し、徹底していきます。

お聞きしているしている方に状況を伝えることはもちろん、スポーツ中継としての興奮や楽しさ、雰囲気を作れるものに仕上げていけるよう、あと1か月、頑張るのみです。


「スポーツアナウンサーの独り言」by受講生SM君

ユウセイスポーツアナウンス講座オフィシャルサイトはこちら

「無意識的有能を目指すには」

6月4日に開催されたプレナスなでしこリーグカップ戦1部のAグループ第1節 INAC神戸レオネッサ対伊賀フットボールクラブくノ一の試合を実況中継させていただきました。

ホームのINACは前節の新潟L戦で逆転負けを喫し現在2連敗中。

一方の伊賀FCは前節のコノミヤ戦で先制を許しながらも逆転勝利を収め2連勝中。
対照的な2チームの一戦でした。

前日にはなでしこJAPANのアメリカ遠征の試合もあり、国内もなでしこについて少し注目されているのかな?という感覚もありました。

リーグ戦と異なり、カップ戦は交代枠が5名いること。

また降格等リーグ戦に影響も出ないこともあり、各チーム若手の育成やチームの立て直し等様々な思惑もある試合となります。

そんな中、勢いに乗る伊賀FCが早い時間に先制をしました。
FWのローレンがパスを受けて右サイドに走り、中へクロス。
このボールを下條が走り込んでヘディングシュート。このシュートが入り1-0へ。
前半5分という早い時間帯に伊賀FCが先制をしました。

前半はINACも相手陣内へ攻め入りますがあと僅かのところで得点には結びつきませんでした。そのままゲームは後半へ移ります。

なでしこジャパンを抱える両チームは、布陣を変えて試合へ臨んできました。
INACはDFの守屋やMFの南山をスタメン起用。

また、伊賀FCも杉田亜未選手の代わりに尾田選手を起用して試合に臨んでいきました。

後半に入りINACは川澄選手や道上選手を投入。

前線に繋がる流れをつくろうとしました。

対する伊賀も足の速い園村やテクニックのある福丸等を投入。
徐々にINACが伊賀陣内に攻め入りますが伊賀の粘り強い守備で得点を許しません。

決定的なシーンを演出しつつも後一歩及ばなかったINACは公式戦3連敗。
カップ戦の初戦は黒星となりました。

一方の伊賀は公式戦3連勝。野田新監督就任後は負けなしという結果となりました。

実況を通じて、講座の中で伝えていただいた「無意識的有能」について考える機会がありました。
選手を追い、展開を読み、観ている人にとって面白い話題を選択し、解説の方と話を広げる。
実況という役割は全体を見ながら、冷静かつ情熱的に今一番ベストな選択をする必要があると思います。

その中で全てを考えながら選択することも1つですが、無意識の中で頭を使って言葉を発することができるかどうか?

考える前に、見た反射で選手の名前やシーンを実況できる。
こうした無意識的有能がもっと活発化できれば、他の事に対してもっと余裕が生まれ話題の選択肢も増えるのでは?と感じました。

無意識的有能を高めるためには、日々の中でどれだけ習慣化できるかどうか?
日頃から考え、少しずつ地力を高めていくために目の前のできることを1つ1つ真摯にやり遂げていきたいと思います。


「スポーツアナウンサーの独り言」by能政夕介〜kotokake〜

「5月26日講座内容」

5/26の講座は女性1人男性2人で行われました。

先日、女子サッカー実況を行った方の録画を見ながら振り返り等を行いました。

この方は今回で女子サッカー実況3試合目です。毎回の課題と向き合い、闘いながらの3試合目、皆で確認します。

試合自体は前半が拮抗した展開で0対0、後半に試合が動き、最後の最後(アディショナルタイム)に格下と思われたチームが勝ち越しゴール、番狂わせを起こしました。

前半はなかなかゴール前でのチャンスシーンも少なく、お互いがフィールド中央で守りあう展開。盛り上がりにくい展開だったと思います。

だからこそ、放送はどう伝えることができるか。


前回中継でもこの方が課題に挙げていた「解説者とのやりとり」にかかるウェイトも大きくなります。
ですが、今回の試合でもなかなかその部分がかみ合いませんでした。


特に課題となったのは解説者の話題に「そうですね」と相槌して、そこで話が終わってしまうことでした。


実況された方は、事前の取材もしっかり行い、試合前には解説者とテーマ等をすり合わせたりもしました。持っている情報はたくさんあったのです。


その情報は、実際に動いている試合の中で、また解説者とのやりとりの中から該当するようなもの、使えそうなものを選んで、情報を提示していきます。


ですが、解説に対してそうした情報を加えたり、あるいはわからなければ(視聴者がわかりにくいと感じたら)さらに深く聞いていく、といったことがうまく出来ませんでした。


解説者のその競技に対する知識・解説の意味、さらに実況者の(解説者も)持つ情報がうまく伝わらず、何か不完全燃焼な印象になってしまいました。

また、解説がプレーと重なってしまった場合(特にチャンスシーン)はまず現場の動きがマストであること。


チャンスシーンでの盛り上がりがないと、どうしても締まらない印象を感じてしまいます。

そして、私のようなあまりサッカーに詳しくない人間が感じたのは、解説との話題が戦術の話に偏っていたことでした。


これは、詳しくない人はもちろん詳しい人に対しても当てはまる、とは先生談。

どうしても戦略などの専門的な話は、声や雰囲気も難しくなりがちです。


試合の序盤は特に試合の全体像や見どころなど皆が入ってきやすい話題で明るい雰囲気を作るのも重要だ、ということでした。

こうして彼の挑戦を何度も見せていただき、今お世話になっている競技は違えど沢山勉強になる部分、共通する部分を見つけました。


特に試合序盤での雰囲気づくりなど、中継の作り方の部分を体験されているこの方の映像や経験談は非常に刺激・参考になります。


ぜひこの方の、次回のサッカー実況を楽しみにしています。

皆さまもお目・お耳にかかれる機会がありましたら是非!

あっ、もちろん私自身もその刺激を基に、より精進してまいります…。


「スポーツアナウンサーの独り言」by受講生SM君

「スポーツ実況の醍醐味とは?」


5月22日のプレナスなでしこリーグ第10節 INAC神戸レオネッサ対伊賀フットボールクラブくノ一の試合を実況中継させていただきました。

リーグ戦は今節から後半戦。前半戦で対戦をしたチームとこれから当たるので、両チームともに自分たちのチームの良さをどれだけ出せるか?そして相手チームの強い点をどれだけ消すことができるか?見る側も視点の変わる一戦だったように思います。

そんな中で伊賀FCくノ一は新監督に野田朱美監督を迎えて臨む一戦。
リーグ後半戦に懸ける意気込みを感じることができました。

今回の実況担当でサッカーは3試合目。

過去の2試合で得た課題を意識しながら自分自身も臨みました。

試合の展開をどういった構成で臨むか?そして、目の前で起こる事実と照らし合わせながら、観ている人にとってどれだけ楽しんでいただけるかを考えながらの実況でした。

前半は膠着状態のまま、お互い様子を見ながらも要所で仕掛けるといった場面が見えました。
INACは中盤でタメを作りながら崩していくという思惑が見えました。

実際に中盤でキープをして時間をつくるもののなかなかスペースに出すことができず、伊賀の粘り強いDFに後一歩が出ずという状況だったように思います。


伊賀は前回対戦時は2本だったシュートを前半だけで5本とオフェンスの意識が大きく変わったところが印象的でした。

また、これまでセットプレーでの失点が多かった分、CK等のセットプレーでのディフェンスの集中力も高かったように思います。

後半に入って大野選手、増矢選手がスペースを有効に使うシーンも見られINACが攻める時間が続きました。後半14分にはなでしこJAPANにも召集された中島選手がミドルシュートを打ち、これがゴール左隅に決まり先制点を奪います。

このままINACペースかと思いましたが、INACは前線にボールを集めるも追加点を取りきれません。

一方の伊賀はCKからチャンスをつくり、最後はキャプテン那須選手のミドルシュートが右隅に決まり同点ゴール!後半31分に同点に追いつきます。

このまま同点で試合終了かと思いましたが、後半93分。

途中交代の園村が右サイドを駆け上がり、中へグラウンダーのパス。
ここに、杉田亜未が走り込みしっかりと押し込み勝ち越しゴールを決めて劇的な逆転勝利となりました。

サッカーというスポーツは点を取り合うゲームです。

だからこそ得点シーンや、得点に絡むゴール前のできごとは醍醐味の1つだと言えます。
今回は終盤に勝ち越しのゴール。

最後の最後まで試合が分からないという視聴者の方にとってはハラハラし手に汗握る展開だったように思います。

試合は1-2で伊賀がほぼ10年近くぶりに勝利を収めました。

こうした逆転試合を担当できたことは大きな経験であると同時に、今回の興奮や感動をより的確によりリアルに視聴者の方に体感していただけるようこれからも取材や日々のトレーニングを行いながら実践していきます。

なでしこリーグも後半戦。これからも女子サッカーの熱い試合に注目をしていきます。


「スポーツアナウンサーの独り言」by能政夕介〜kotokake〜

ユウセイスポーツアナウンス講座オフィシャルサイトはこちら

「5月12日講座内容」

アナウンサーを目指している皆さん、こんにちは。
5/12は2人での講座でした。

先日、サッカー実況を行った方の録画を見ながら振り返り等を行いました。

いくつものポイントや課題が見つかりましたが、印象に残ったものを列挙します。
まずは「解説者」に関して。

解説者が当該の試合についてこういうところがポイントだ、この選手がキーになる等情報を提供してくれます。

その情報整理をして、視聴者により伝わりやすくすることも実況の大事な仕事です。
解説者の言っていることが専門的だと感じたり、難しいと思ったらそれは見ている方もそう感じていることが殆ど。


プレーやルールに詳しい人だけが見ているわけではないですからね。

ですが解説者の言っていることがわからないとダメなんだ!解説者には詳細に解説してもらわないと!と専門的になりすぎたり、逆に畏まって同じ相槌しか打てなかったり…。
実際録画を見ると、解説者の解説に対する相槌がワンパターンで、そこから話が広がらないという場面がありました。

当事者は試合を見ることに必死で、時折解説者の言うことがしっかり聴けていなかった部分があったそうです。

そこで先生がおっしゃったのは「解説と一緒に試合を観る感覚でやりとりする」ことでした。
わからないことや疑問があればわかる人に聞きますよね。この場合解説者はまさに"わかる人"です。何せその競技のプロですからね。


隣にその競技の見方がわかるプロがいてくれる。なので疑問があれば解説の方に聞けばいいのです。

解説者をいい意味で生かす、友達とは言わずとももう少しフランクな関係・感覚で試合を一緒に盛り上げる、そんな一体感が重要なのです。

もう一つ、資料と生の試合とのバランス。

当然試合前には取材等で様々な情報を蓄えて試合に臨みます。そしてフィットする場面が出てくれば、その情報をしっかり盛り込んで、より伝わりやすくします。

ですが、その蓄えた情報を出すことがメインになってはいけません。試合は当然常に動いています。

ですのでまずは目の前の試合・動きから目を切ってはなりません。
そして試合中は様々なことが起こります。

その中からも沢山の話のタネがあり、解説者とのやり取り等にもつながっていきます。

フィットする場面で情報を出せれば、より伝わりやすいものになりますが、そぐわない場面での情報提供はむしろ不快に感じてしまう場合すらあります。

先生が何度かおっしゃっていたのは「資料を捨てる勇気」も必要ということでした。
この言葉は、今私がお世話になっている研修先のアナウンサーも言っていました。


資料はもちろん大事ですが、資料をよりどころにして情報を吐き出すような形は避けたいですね。


私も昨年高校野球の実況をさせていただいた際、資料に目を落としていて様々なことを見落とす、ということが何度もありました。


解説者とのやりとりはまだ経験がありませんが、今後どこかできっとそんな場面も起こりうるはずです。

人のふり見て…という言葉もありますが、私も同じような課題を持っているので、我が身も引き締まりました。

「スポーツアナウンサーの独り言」by受講生SM君

ユウセイスポーツアナウンス講座オフィシャルサイトはこちら


Calendar
<< June 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190